So-net無料ブログ作成
検索選択

人生の大切な、一日について思う事。 [思考]

あけまして、おめでとうございます。

ついに明けましたね、祝2013年!
どっかのマスゴミが 「マヤ暦が~」「地球が~」 とアホな事言ってましたが、やっぱり何事も無く終了w
さすがマスゴミですねw

さて、管理者は思うのですが、去年は日本は色んな意味での試練の年でしたね。
そして、暗いどんよりとした日本の空気からの脱却を目指す年になったと思います、なんてったって民主がやっと死んでくれたんで嬉しい限りです。
自民党は政権奪取した時の事を大分考えていたみたいですねぇ…。
交代した後、次々と政策をスタートさせるスピードっぷり…民主党とはえらい違いですな…。
安倍さん、頼みますよ!期待してます!

さて、タイトルに意味深なタイトルを付けたのには訳があります。
管理人、今年は早起きして初日の出を見に近所の横断歩道橋へ登ってた時に、思考にふけるような出会いがあったので付けてみました。
その出会いとは…。

私が歩道橋の上で朝日を見ながらコーヒーを飲んでいた時の事、一人の老人がやってきました。
軽く会釈をし、雑談をし始めた時に、ふと気がついたのです。

老人の目から涙が流れていたのです。

老人は言うのです。 「私は神社でいつも初日の出を見るのですが…ここの初日の出も中々のものですね。」
私は 「そうですね、丁度良い目線の高さですよね…。」
私は涙の理由が聞けませんでした、その間にも老人の目には大粒の涙がボロボロと…。
明らかに太陽の見すぎでの涙ではありません、何か、心に思う事があったんだと思います。

その後、少し雑談をした後 「それでは、良いお年を…。」と挨拶をして別れたのです。

私は帰り道少し思索にふけっていました。
初日の出を見て涙を流す老人… 感動してるのは明らかでした。
何か自分の人生の中で辛い事があった後の初日の出で、人生の素晴らしさか何かに感動してるのか?
それとも、余命いくばくも無い事を知っていて、初日の出を見て世界の綺麗さ、生きている事の素晴らしさに泣いているのだろうか?
もしくは、単純に感動しているのだろうか?

私には分かりませんでした、ただ あの老人の感動を理由を尋ねる様な、野暮な事をして汚したく無かったので聞けませんでした。

人が涙を流す。

大人になればなるほど分かりますが、大きな理由があるのです。若い頃は分かりませんでした私も。
多分、2013年の今日、この時はあの老人にとって、人生の大切な一日なのだろうという事だと思いました。

ここで思考を止めて、ふと後ろを振り返って見ると、老人はまだ立ち尽くしたままでした。
多分まだ泣いているのでしょう…。

何だか…朝日に照らし出された老人の姿が…神々しく、暖かな光をまとっている様に見えました…。

この様な出会いがありまして、元旦は、不思議な気持ちでスタートしたのです。

さて、2013年は皆さんにとって良い年になると良いですね!お互いがんばりましょう!
コメント(1)  トラックバック(0) 

コメント 1

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。